美肌に必要不可欠な栄養成分は!?

腸活サプリ,愛腸習慣

美肌になりたいと高価な化粧品やパックなどをしてもそれだけで美肌を作るのは難しいです。それら外からのアプローチも美肌には重要ですが、肌と腸の状態はリンクしているとも言われるように、美肌を作るためには体の中からのアプローチが必要不可欠なのです。しかし、美肌のためには何を摂取すれば良いのかわからないという人も多いでしょう。この記事では美肌に必要不可欠な栄養成分を3つ紹介します。

乾燥肌に悩む人は特に注目なビタミンA

美肌に必要な栄養成分1つ目は「ビタミンA」です。ビタミンAとは、レチノール、レチナール、レチノイン酸を総称したものであり、レチノールが主要となっています。ビタミンAというと、不足すると暗いところで目が見えにくくなったり夜盲症になるなどと言われていますが、これはレチノールに目の粘膜を保護する働きがあるからです。目だけではなく、皮膚の粘膜を健康に保つ働きもあるので、特に乾燥肌に悩んでいる人はしっかりと摂取したいビタミンです。

ビタミンAの推奨摂取量は、成人男性で800~900㎍RAE/日、成人女性で650~700㎍RAE/日とされていますが、実は摂り過ぎるのも問題があります。ビタミンAは脂溶性のビタミンなので体内に蓄積しやすく、過剰摂取してしまうと頭痛や口唇炎、脱毛などといった障害が生じる可能性があります。ただし、一般的な食事で過剰摂取になる心配はありません。サプリメントなどを使用している場合は注意が必要ですが、サプリメントにおいてもβ-カロテンという形で添加されていれば、β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので過剰摂取にはならないです。

ビタミンAが多く含まれる食材は、肉からだとレバー、野菜からだとニンジンやほうれん草といった緑黄色野菜に多く含まれています。ビタミンAは油と一緒に摂取すると吸収率が高くなるので、ソテーなどの炒め物にしたりグラタンなどにしても食べやすいでしょう。ビタミンAの多い緑黄色野菜は食物繊維も一緒に摂取することが出来るので、腸内環境も良くなりより美肌が期待できます。

メラニン色素の生成を抑えるビタミンC

シミやそばかすに悩まされている人は多いですが、シミやそばかすの原因はメラニン色素です。日焼けなどでもメラニン色素は生成されますが、メラニン色素の生成を抑制すると言われているのが「ビタミンC」です。美白化粧品などにもビタミンCはよく使用されているように、美肌作りには欠かせないビタミンとなっています。ビタミンの中には体内で生成することができるものもありますが、ビタミンCは生成できないので食事から摂取しなければなりません。風邪などの感染症に罹患した際には必要量が増加する他、喫煙する人も必要量が多くなるとされています。

成人ではビタミンCの1日の推奨量が100mgとされています。しかし、ビタミンCは水溶性のビタミンなので、余分に摂取した分は尿と一緒に排出されてしまうため過剰症の心配は基本的にないものの、1度に多量に摂取するのではなくこまめに摂取するのが望ましいです。ビタミンCはレモンなどの柑橘類に多く含まれているというイメージを持つ人が多いですが、パプリカやブロッコリーなどの野菜にも多く含まれています。基本的に熱に弱いので生で食べられるものが理想ですが、じゃがいもやさつまいもなどはでんぷんに保護されるため加熱してもビタミンCはほとんど分解されません。

肌の原材料となるたんぱく質

肌に限らず、爪や髪の毛、臓器など体内のあらゆる物を作るのに必要な「たんぱく質」も美肌には欠かせない栄養成分です。過度な食事制限を行い、痩せたけど肌や髪の毛がボロボロになってしまったという経験を持っている人は多いですが、それらはたんぱく質不足によって引き起こされている可能性が高いです。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、様々な細胞を作っていくものなので肌にとっても原材料と言って良い存在です。

たんぱく質は、近年プロテインも大流行しているように非常に注目されている栄養成分ですが、食事から摂取する場合大きく分けて動物性と植物性に分けることが出来ます。動物性のたんぱく質というと、お肉や魚、卵などが代表的な存在です。プロテインパウダーなどの原材料になっているのはヨーグルトの上澄み液のホエイと言われているものですが、ホエイに代表される動物性のたんぱく質は吸収率が高いと言われています。

植物性のたんぱく質の代表的なものは大豆です。納豆や豆腐などに多く含まれておりダイエットでもよく使われる食材です。肌にとっても、大豆は女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンや食物繊維が豊富なので、積極的に摂取したい食材です。たんぱく質は1日60gや、体重1kgあたり1gなどが摂取目安量と言われていますが、美肌のためやダイエット中は不足させないように多めに摂取するのが望ましいとされています。

しっかり食べて美肌をゲット

美肌に必要な栄養成分として、ビタミンA・ビタミンC・たんぱく質を紹介しましたが、どれか1つを大量に摂取しても美肌には近づきません。バランス良く必要な栄養成分を不足させないように摂取するということが美肌のためには大切なのです。肌は食べたものによって作られますので、しっかりと食べて栄養を摂取して美肌を手に入れましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事