男性にも是非やってほしい!腸活で無敵の体へ

腸活といえば、美容、ダイエット、美肌など女性だけがやるものだと思っていませんか?
実は男性こそ、すぐに始めていただきたいのです。日々仕事で忙しく、食生活や、生活習慣が乱れやすいのは男性に多いのではないでしょうか。
麺類や丼ものをよく食べ、サラダや汁ものを毎食食べていないという方もいるかもしれません。ここでは、男性にも腸活が必要な理由と簡単に出来る方法をご紹介します。

こんなお悩み抱えてませんか?

いつも体が怠くて疲れやすい。頭はぼうっとしがちで、スッキリしない。そんな方にはすぐに腸活をお勧めします。腸内環境を整えることが、ダイエットはもちろん、慢性疲労症候群などあらゆる心身の不調を改善するカギになります。

腸の中には多くの細菌が存在しており、腸の活動を支える善玉菌、有害物質を作り出す悪玉菌、数の多い方につく日和見菌の3種類に分類されています。それらの細菌がまるでお花畑(フローラ)のように腸内に存在していることから、その状態は“腸内フローラと呼ばれています。
善玉菌の数が優勢であえば問題はありませんが、加齢や食生活の乱れ、ストレスなどによって悪玉菌が増え、腸内フローラのバランスが崩れてしまうと便秘や下痢などお腹の不調が生じます。

それだけでなく、免疫力の低下や肥満、糖尿病や大腸がんなどさまざまな病気の原因となってしまうともいわれています。悪玉菌が好みそうな脂っこい揚げ物や肉をよく食べる、ストレスをためこみがちという人は、すぐにでも腸活を始めましょう。

簡単腸活始めましょう

男性でも、1人暮らしの方でも簡単に出来る方法をご紹介します。

【1品は発酵食品をとろう】

ヨーグルトをはじめとした発酵食品には乳酸菌がたっぷり含まれています。様々な種類の発酵食品を毎食1品は摂ることをおすすめします。乳酸菌には植物性と動物性があります。植物性乳酸菌は、納豆やキムチ、糠漬け、味噌、しょうゆ、塩麹などに含まれ、ヨーグルトは数少ない動物性乳酸菌のうちの1つです。腸まで生きて届きやすいのは植物性乳酸菌なので、積極的に摂るようにしましょう。みそ汁は忙しくて作れないという方は、レトルトを利用するなど、ご自身で簡単に出来るように工夫しましょう。

【食物繊維やオリゴ糖をとろう】

食物繊維は腸の中で水分を含み、便秘解消や発がん物質の生成を抑制し、腸内環境を整えてくれます。一日に摂取するべき食物繊維の量は、男性は20g以上とされています。すべての食物繊維をサラダで摂ろうとするとかなりの量を食べなくてはなりません。お鍋にいれたり、加熱すると量が減って食べやすくなるので、調理法を工夫したり、難しい方はサプリメントで補うのもいいですね。オリゴ糖も市販のボトルタイプのものであれば、ヨーグルトや飲み物に入れて手軽に摂ることが出ますね。

適度な運動を習慣にし、見た目もスッキリしよう

ここ数年、運動らしい運動をしていない。車での移動が多くなり、太りやすくなった方、特に気をつけていただきたいです。
筋肉の量は加齢とともに減少していきます。筋肉の衰えというと高齢者の問題と思いがちですが、30代から減少し始める。年に約1%ずつ減り、70代では20代のほぼ半分になってしまいます。

量を増やすには運動が1番です。筋肉を増やす筋トレと脂肪を燃やす有酸素運動を組み合わせると、質・量ともに向上します。筋肉は何歳になっても増ますが、若い方が結果は出やすいので40~50代までに運動を習慣にしましょう。
手軽に出来るウォーキングから始めましょう。一万歩が目安ですが、1駅分歩く、1つ遠いコンビニまで歩いてみる、エレベータではなく階段を使う。など少しの工夫から始めてみましょう。

デスクワークの方は仕事の休み時間や合間に出来る、スクワットがオススメです。ちょっとした隙間時間に少しでも体を動かす習慣ができると体を動かすのが楽しくなってきますよ。
体の中身も外見もスッキリさせて健康的なから体作りをしていきましょう。


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事