お腹の調子を整えてくれるサントリー “おいしい腸活 流々茶”をご紹介

サントリーから発売されている“おいしい腸活 流々茶(るるちゃ)”をご存知でしょうか?このお茶は、お通じの習慣を改善することが報告されている“イヌリン”を配合しています。この流々茶を飲むと、私たちのかだらにどのようなメリットがあるのか、ご紹介していきます。

流々茶ってどんな成分で出来てるの?そのはたらきとは

まずは流々茶の成分など詳しく知っていきましょう。流々茶の最大の魅力はイヌリンが含まれいる、ということです。

【イヌリンとは】

水溶性食物繊維の一種で、キクイモやニンニク、ゴボウ、玉ねぎ等の根菜類に多く含まれています。 ビフィズス菌を増やしてお腹の調子を整える腸内環境改善、食後の血糖値の上昇抑制、 中性脂肪を下げる作用などが報告されています。

小腸内でイヌリンは、糖の吸収を抑制する働きがあります。消化されず大腸へ運ばれたイヌリンは、 腸内細菌(ビフィズス菌など)のエサとなり短鎖脂肪酸(SCFA)が生成されます。このSCFAが大腸に 刺激を与えることから、腸内の運動を活発にしたり、インスリン生成・食欲抑制ホルモンの分泌を促すなどの作用が期待できます。

【流々茶の成分】

内容量500mlあたりでエネルギー21kcalです。イヌリンは7.3g含まれています。
肉・魚中心の現代の食生活では、食物繊維が不足しがちになってしまいます。
実際、日本人の食物繊維の摂取量は年々減少していて、食物繊維の平均摂取目安の1日19gに対して、実態は「14.5g/日」と「4.5g」不足している状態です。

イヌリンは食物繊維の一種なので、不足分の「4.5g」はこの流々茶を飲むことで、補うことができます。

流々茶を飲んでおいしい腸活始めましょう

爽やかな香りと軽やかな味わいが特徴の軽発酵茶(ウーロン茶)を使用し、ほどよいコクがありながら、爽やかな香りが感じられる、すっきりとした味わいです。特にいやな渋味や、機能性表示食品特有の独特な風味も感じることはなく、飲みやすいので、毎日飲むにはピッタリの1本ですね。普段飲んでいるお茶やジュースから置き換えるだけで簡単に腸活が始められますね。
毎日のご自身の腸活をワンランクアップさせる為にも、是非サントリーの“おいしい腸活 流々茶”を試してみてください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事