腸活に良い食物繊維の取り方を学ぼう

食物繊維と善玉菌。どちらも腸内を整える作用があることで知られています。
食物繊維と腸内細菌にはさまざまな相互関係があり、腸内細菌の増加や腸内環境の維持に働きます。正しい知識を身につけ、腸活をはじめましょう。

食物繊維と腸内細菌の関係

人の腸内細菌は、私たちの体に有益な働きをする善玉菌と、私たちの健康に影響をもたらす悪玉菌、中間の菌(日内見菌)の3つに分類されます。この3種類がバランスをとっていますが、最も多い最近の数は個人差があり、食事や住環境によって大きく異なります。
 そこで重傷になるのが食物繊維です。食物繊維は善玉菌のエサになります。消化されず大腸まで届く食物繊維は、善玉菌にとって絶好のエサです。食物繊維は豆類や芋類、野菜類やこんにゃくなどに多く含まれています。日頃から意識して食事に取り入れることで、、腸内環境を整えましょう。

食物繊維は善玉菌と一緒にとると効果アップ

では、食物繊維と善玉菌はどのように食事に取り入れていけば良いのでしょうか。忙しい毎日でも簡単に取り入れられる、食物繊維をプラスした、オススメの献立をご紹介します。

・パン派の方へオススメ
いそがしい朝、トーストだけでで済ませるという方は多いのではないのでしょうか。そこにチーズと野菜サラダをプラスするのがオススメです。チーズは乳酸菌を作用させてつくるカマンベール、チェダーなどのナチュラルチーズを取り入れましょう。サラダを合わせることで食物繊維も補うことができます。温かい野菜スープもいいですね。

・ご飯のお供にキムチ
キムチは白菜やキュウリ、大根などの野菜を漬け込み、発酵させたもの。乳酸菌を取り入れられるほか、野菜の食物繊維も、さらに白米を雑穀米や玄米にすれば、さらに食物繊維の摂取量がアップします。さらにキムチと納豆は最高の組み合わせです。是非、取り入れてください。

食物繊維を上手に取り入れよう

腸内環境を健康に保つには、食物繊維と善玉菌の摂取が重要です。両方をバランスよく摂ることにより、さらに健康を促進します。毎日習慣にすることでよりよい腸活をしましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事