いつものみそ汁に一工夫!みそ玉で上手に腸活

4つの素材を混ぜ合わせるだけで腸をより健康にしてくれるみそ玉。みそ玉を使った具沢山みそ汁を日々の習慣にしましょう。具沢山にすれば一度にたくさんの食材を摂れますし、加熱することで食材のカサが減るため、野菜もたっぷり摂取することが出来ます。

みそ玉の使ったみそ汁が身体にいい!その理由は?

血流を促し代謝を高めてくれる赤みそ、乳酸菌が豊富な白みそ。そして、オリゴ糖が豊富な玉ねぎ、余分な塩分を排出して血圧の上昇を抑えてくれるリンゴ酢。みそ玉とはこれら4つを混ぜて冷凍したもので、食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌が豊富です。このみそ玉を使ったみそ汁を毎日1杯、食事の最初に飲むだけで、便秘が解消されたり、腸内細菌のバランスが整ったりと腸にいいことばかりです。お湯で溶かすだけでも玉ねぎのうまみで充分おいしいみそ汁ができますが、だしを使えばさらに味わい深くなります。

ポイントは食べる順番に気をつけること。
食物繊維たっぷりのみそ汁を他のものより先に食べることで、血糖値の急上昇を防ぎます。また、汁物を最初に飲めば満腹感が得られます。そのあとに食べる量を自然と減っていきますね。毎日1杯のみそ汁で腸をきれいにしましょう。

みそ玉の作り方

【材料】

・赤みそ 80g
・白みそ 80g
・玉ねぎ 150g(1個分)
・リンゴ酢 大さじ1

【作り方】

・玉ねぎをすりおろします
・すべての材料をよく混ぜ合わせる
・製氷機にいれて2〜3時間冷凍庫で凍らせて完成
出汁をとったりすることもなく、簡単です。出来上がったみそ玉は製氷機から出して、タッパーなどで保存すると便利ですよ。約2週間の保存が可能です。

いつもの献立に合うみそ玉!日々の食卓に取入れて健康的に腸活しよう

色々な食材と相性の良いみそ玉。たっぷり野菜と鳥団子のお味噌汁にすれば、りっぱな一品になりますね。パスタソースやカレーの隠し味にも、深みが出てとても美味しくなります。ご自身やご家族の健康の為に、是非みそ玉を日々の食卓に取入れてみてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事