美容・健康を青汁でサポート

青汁について、「健康に良いのはわかるけど、具体的にどんなはたらきがあるのかわからない…」と思っている方は多いのではないでしょうか。
青汁は、正しい飲み方やタイミングなどを知っておけば、より健康のお悩みにアプローチすることができます。ここでは、青汁を飲む目的やはたらき、飲み方などについてご紹介します。

青汁って何からできているの?

昔の青汁の材料は、苦味が非常に強いケールという食材のみを使うのが一般的だった為、苦くて飲みづらいものでした。しかし、最近の青汁の材料として代表的なものとしては、ケール以外に、大麦若葉・明日葉・桑の葉などがあり、これらを単品もしくは組み合わせて作られているものが多くなっています。

また、飲みやすいようにハチミツなどの甘味料、その他の野菜や成分が含まれているものもあり、製品によって材料の配合や含まれる成分が異なります。

こんな方にオススメ!自分の体としっかり向き合おう

昔から健康飲料として幅広く親しまれている青汁は、さまざまな理由で多くの人に飲まれています。下記のようなお悩みを持たれている方は、特に青汁を飲むことをおすすめします。

・野菜不足を改善したい

青汁には、野菜に含まれる食物繊維やビタミンなどが豊富に含まれているため、普段から野菜を十分に摂れていない方の栄養補給におすすめです。
青汁は、生の緑色野菜をすりつぶしたものを液状のまま、もしくは粉末状にし、水などに溶かして飲む健康食品です。主に使用されている野菜は、大麦若葉やケールなど。食物繊維の豊富な大麦若葉、ビタミン、ミネラル、βカロテンの豊富なケールなど、原料によって栄養価の特徴が異なります。中でもケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高く、「青汁といえばケール」という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

・エイジレスな自分を保ちたい

年齢を感じさせないエイジレスな自分を保ちたい方におすすめです。原料となる緑色野菜には、抗酸化ビタミンといわれるビタミンA、C、Eや、ルテインなどの注目のファイトケミカルを豊富に含むものもあります。
また、ビタミンCがコラーゲンの生成にはたらきかけてくれるので、肌のハリや弾力がアップするともいわれています。

青汁を飲むタイミングはいつが良いの??

青汁は、栄養補助として毎日飲むことをおすすめします。継続的に毎日飲む習慣をつけることで、身体に変化を感じやすくなります。

オススメのタイミングは、ライフスタイルや状況に応じてご自身に合った時間に飲みましょう。
【起床後】
朝起きて最初の1杯は、身体がもっとも栄養を吸収しやすい状態です。特に食事の支度に時間をかけにくい朝食と一緒に摂ることで、栄養バランスアップにもつながります。さまざまな栄養が豊富に含まれた青汁を選びましょう。
ポイントは、胃腸が活発に動いていないタイミングのため、常温がオススメです。
【食事の前】
食事の前に飲むことで、空腹感を抑えられるため、食べ過ぎを防げます。そんな時には食物繊維が豊富に含まれている青汁がおすすめ。食前は胃がまだ活発に動いておらず、胃への負担を考慮してゆっくり飲むことが大切です。
【就寝2〜3時間前】
睡眠中は汗をかきやすいため、寝る前の水分・栄養補給におすすめ。ビタミンやミネラルが豊富に含まれている青汁を選ぶといいでしょう。また、寝る前に飲食すると内臓に負担がかかるため、遅くとも寝る2~3時間前までに飲むようにします。身体を冷やすと睡眠の質が下がるため、冷たいものはひかえましょう。

自分のライフスタイルに合わせて日々の生活に青汁を取入れよう

青汁は、飲むタイミングや目的に合わせて自分に合ったものを選びましょう。正しい飲み方を知った上で、継続的に飲むことで、身体を内側から健康にしてくれる青汁。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事