腸内環境を整えるハーブでもっと美腸に

腸内環境の改善や便秘の解消にオススメしたいのがハーブ。美容や健康を意識した生活を送っていると、究極の美容法は、腸内環境の改善だと気付かれる方も多いはずです。腸内がつまっていると、せっかく摂った健康や美容にいい栄養素も吸収されにくくなります。薬に頼らず腸内環境を整えることにフォーカスし、今回は腸内環境改善や便秘解消に、良い働きかけをしてくれるハーブをご紹介していきます。

ビタミンCが豊富な美容のハーブ“ローズヒップ”

ローズヒップはビタミンCがとっても豊富に含まれていて、美容のハーブとして有名ですよね。ビタミンCには腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸活にも必要な栄養素なので腸内環境を整えてくれ、便秘解消になります。利尿作用も高く、余分な水分も排出してくれます。

また、ビタミンCはコラーゲン生成にも関わっていて、毛細血管を丈夫にし、肌に弾力を与える役割を果たすので、美肌へと導いてくれます。また、紫外線を浴びた後のメラニン生成を防いで、シミを予防。肌の衰えや肌荒れが気になる方は、積極的に摂りたいハーブです。ローズヒップは、美容にもいい&腸活もできる便利なハーブなのです。
毎日飲むのが大変な方は、ご飯に入れて炊くとほんのりピンク色になり、味も食べやすくオススメです。

脂肪の分解を促す“レモングラス”

レモングラスには、豊富なカリウムが含まれています。カリウムは細胞液の浸透圧を調整する役割があり、過剰に摂取されたナトリウム(塩分)の排出を促す作用もあるので、むくみが気になる方は積極的に摂りたい栄養素です。
また、胃の働きをサポートすることで消化を促する作用があります。飲み会などで食べ過ぎて、胃もたれや胸やけを感じたときには、レモングラスのハーブティーを飲んでみてください。

レモングラスの香りは、頭をすっきりとさせてくれることにより、リフレッシュしたい時もオススメです。ルームフレグランスとして、レモングラスを勉強机や職場に置いておくといいかもしれませんね。

体内の毒素や老廃物の排出を促す“ダンデライオン

ダンデライオンはたんぽぽのことです。ノンカフェインの「たんぽぽコーヒー」という名前で広く知られています。
日本では野の花として位置づけられているたんぽぽ。西洋ではライオンの歯を意味する「ダンデライオン」と呼ばれ、野菜やハーブの一種として親しまれています。ダンデライオンには、デトックス作用があり、体内の毒素や老廃物の排出を促してくれるハーブです。カリウムが豊富に含まれているので、利尿作用も高く、むくみのケアに役立ちます。

若芽の時期にとれたビタミンやミネラルを含むやわらかい若葉をサラダでいただくのも。若葉はとてもやわらかく、ほんのりとした苦味がアクセント。利尿作用が期待できるので、むくみがちな女性にはおすすめの一品です。若芽の時期に、ダンデライオンをサラダでいただくのは、フランスでもポピュラーなとり入れ方のよう。旬の食材をいただいてセルフケアに役立てるのは、洋の東西を問わず同じようですね。

ハーブで体の内側から整えよう

ハーブか体に良いからといって、過剰に摂取することは、副作用やアレルギーを起こす可能性があるので適量をしっかりと確認してから摂取するようにしましょう。近年ではスーパーやネットで簡単に手にいれることができるので、気になったものを試しやすいです。心身ともにリラックスできるすばらしいハーブ。是非、お試しください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事