オススメ食材「玄米」で腸内環境を整えよう!

むくみ・肌荒れ・お腹のハリなど、さまざまなトラブルの原因ともなる便秘にお悩みの方に、ぜひおすすめしたいのが「玄米」です。 つらい便秘を解消したいなら、腸内環境を整える働きをもつ食物繊維がたっぷりの、玄米を試してみてください。

玄米を食べるとメリットいっぱい

玄米は白米に比べると、ビタミンB群やビタミンE、ミネラル、食物繊維などを多く含んでいることから健康に良いとされています。玄米に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維です。
不溶性食物繊維は、胃や腸の中で水分を吸収して蠕動運動を促し、腸内環境の改善に役立ちます。腸内環境がよくなる事により、私たちの身体を健康へ導いてくれるさまざまなメリットがあります。

玄米で腸の運動をサポート

白米に比べて、様々な栄養成分を多く含む玄米には、腸の働きを助けて便秘解消に役立つ食物繊維もたっぷり。その量なんと白米のおよそ5倍にものぼります。食物繊維は、水にとける「水溶性食物繊維」と、水にとけにくい「不溶性食物繊維」の2種類に分けられます。まず水溶性食物繊維は、ビフィズス菌などいわゆる“善玉菌”のエサとなって、これらの菌を増やします。また、腸内の不要物質・有害物質を吸着して、身体の外に排出するというはたらきもあり、腸内環境を整えてくれます。
一方、不溶性食物繊維には、体内で水分をとりこんでふくらむという性質があります。これによって便の水分を保ち、柔らかく排出しやすい状態にします。さらに、ふくらんだ食物繊維が便の量を増やすため、腸が刺激されて、蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になります。
玄米は、この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランスよく含んでいるので、腸の運動をサポートし、自然な便通を促してくれるのです。

玄米にに含まれる免疫ビタミン

「免疫ビタミン」は、いわゆる糠(ぬか)に含まれ、正式には「リポポリサッカライド」という名前の成分です。これが私達の体を守ってくれている免疫細胞を活性化してくれて免疫能力の向上が期待できるといわれているのです。

免疫ビタミンは、穀物や野菜の皮に近い部分に多くあり、お米なら玄米に多く含まれています。精米するとほとんど取り除かれるので、玄米の方が摂取できるという事なのです。

美味しく食べて、美肌やダイエットにも。

栄養豊富な玄米は、様々な面から私たちのカラダにアプローチしてくれます。 たとえば、“体内のサビ”とも言われる活性酸素からカラダを守るビタミンEや、体調を整えて機能を正常に保つミネラルなどは、若々しく美しい肌づくりを助けます。 また体内でふくらむ食物繊維の働きによって、満腹感がつづきやすいため、お菓子などの食べすぎを予防し、ダイエットにも役立ちます。さらに食事制限などでダイエット中に不足しがちな栄養素も、玄米なら手軽に補うことができます。玄米をたくさん食べて、内蔵美人を目指しましょう。

玄米を食べて身体の内側から健康になりましょう

毎日食べる主食お米は、他の食材と比べて多くの量を食べることになります。 そんなお米を食物繊維やビタミン、ミネラルなど栄養価の高い玄米に変えることで健康維持に大きく役立つでしょう。
玄米を取り入れたいけど…と迷っている方は、食べやすい炊き方や便利な市販品もあるので、自分に合った取り入れ方を試してみると良いですね。 栄養面だけでなく白米よりも食感があるので、噛む回数が増えて満腹感を得られやすく、あごも鍛えられて小顔にもなれますよ。早速始めてみてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事