肌荒れは腸活で改善できる!!

長時間のマスク着用が新たな日常と化した現在。そんな状況でも美しく健やかに毎日を過ごすことを目指していきたいですよね。実は肌荒れの要因には、体の内側のコンディションも関連しているのです。 負の連鎖を食い止め、マスクをしてもゆらがない美肌を手に入れるための秘訣を、ご紹介致します。

腸内環境が肌荒れの引き金に!?

長時間マスクをつけることで起こる肌荒れの直接の要因は、もちろん摩擦。しかし、私たちの肌には外的刺激から守ってくれるバリア機能が備わっていて、それが正常に働いていれば、少しの摩擦には負けないようになっています。では、多くの人がマスク肌荒れに悩んでいるのはなぜなのでしょう? そこに関連するのが、第二の脳とも呼ばれ自律神経とも連動する、腸なんです。自粛中でストレスを感じると、腸内環境が乱れて悪玉菌が優位になってしまいます。その影響で皮膚のバリア機能が低下し、些細な刺激でも肌荒れを起こしやすくなるんです。だから、肌だけをケアしても負の連鎖は止まらない。根本からトラブルに打ち勝つ肌を育てるためには、腸内環境にアプローチすることが必須なのです。

美肌を重視した腸活方法を知ろう

肌に関係するのは、悪玉菌が出すフェノールという有害物質です。フェノールが血流にのって肌に届くと、ターンオーバーが乱れてバリア機能の低下や乾燥、炎症、ニキビなどの原因になってしまいます。逆を言うと、腸内環境が良好になれば、肌のターンオーバーが正常化し水分量のアップも見込めるということです。腸内の菌バランスを整えて耐性を強化することこそ、ウィズマスク時代に有効なスキンケアといえますね。
では、美肌の為に具体的に何をすれば良いのか。ストレスフルな時代に生きる現代人は腸内環境が悪化しやすいので、まずはマイナス要因を取り除くことから実践していきましょう。フェノールを増やす原因の牛乳やチーズ、小麦の摂取を減らしてみましょう。さらにフェノールの産生を抑えるよう働く山芋、長芋、バナナ、雑穀などの食材を積極的に摂りましょう。ただし、腸内環境が乱れていると優れた栄養素も吸収しにくいので、腸のコンディションを整えることは必須ですね。
ほかにも、人工甘味料や乳化剤、酸化剤などを極力控えるほか、じんわり汗をかく程度の入浴や適度な運動で血流を促し、十分な睡眠時間をとりましょう。

サプリメントを活用しよう

乳酸菌と食物繊維たっぷりの食生活が、腸活の基本です。しかし時間に追われる毎日で、栄養のバランスがよい3食なんて難しい、という人たちの助けになるのが、サプリメントです。コロナ禍でインナーを整えたい人が増え、発酵系サプリも続々登場しているけれど、どれを選べば良いのでしょうか。
腸内環境は人によっても体調によっても異なるため、残念ながら“この菌を摂ればOK”というようなものはありません。どの菌にどんなメリットが……というのも、個々の腸内環境によっても異なりますよね。ご自分の状態に合ったサプリメントを試し、体の反応で自らに合うかを判断するのが良いと思います。

体調に合わせ、腸活も柔軟に

年をとると増えていくシミやそばかす。若々しい肌をいつまでも保ちたいと思っている方は、まずは腸内環境を整えましょう。お肌や体のケアなど色んな面から美肌作りに取り組んでみてくださいね!
腸活を始続けることで、体質改善につながり、気分的にもスッキリしたような気気持ちになれますよ。体が重いと、自然と心も重くなってしまいがちです。

その時の気分や体調に合わせた柔軟な腸活をすることで、美肌にもなっていきます。ステイホームの今だからこそ、ご自分の体としっかり向き合ってみませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事